red orange yellow green blue pink

苦手を克服する方法

看護の日常の業務の中で訪れる注射の仕事。採血や投薬、点滴など様々な方法があります。

看護師になろうと志して勉強するとき、その過程で必ず注射について学びます。それは検査や投薬などを注射で行うことがあるため、その技術がなければ看護師として仕事が成り立たないからです。
この注射のスキルの習得は、看護師にとっての第一難関だといっても過言ではありません。無理して頑張ろうと思うと、血管にうまく入らなかったり、針を刺すときが痛かったりしてなかなかうまくいかなくなってしまいます。注射の苦手意識を克服するためには、まず、回数をこなして慣れることです。同じ人間といっても血管の走り方や太さなどは人によって違います。いろんな人の注射を行うことでどんな患者さんに対しても落ち着いて対応でき、自信がつきます。自信を持って対応するだけで、看護師の苦手意識も変わりますが、患者さんの注射の受け方も変わってきます。自信に満ち溢れた看護師ならば何となく安心できますし、さす前から不安そうな看護師では患者さんも不安になってしまいます。多少自信がなくても、私は注射が得意だというような対応をするだけで、患者さんの注射に対しての姿勢もなくなります。また、生身の人間に刺すことで、痛がられたらどうしようなどという不安の大きな人は、自分が注射を体験してみると、実際打ったときの感覚が伝わってきます。身近なものであれば献血でしょう。お金がかかりませんし、助けを必要としている人達の役に立ちます。苦手な注射を克服するために、毎日さまざまな訓練をしているのです。

注射をはじめとする基礎知識を習得することは、看護師のこれからを大きく左右します。努力しても不安がつきまとっている新人看護師の方におすすめなのがこちらです。【看護師のための注射クリニック