red orange yellow green blue pink

注射が得意なメリット

看護師の仕事は非常に多岐にわたります。
その日その日の入院患者さんの容態の申し送りに始まって、外来の診察補助や処置、外来患者さんや入院患者さんの日常生活のお世話など、数え上げればきりがありません。そんな多忙であっても、常に笑顔で接することを求められる看護師は仕事の繊細さと、患者さんへの対応、看護師同士など医療スタッフとの人間関係の複雑化などで、非常にストレスがたまっている人が多いです。

日常の業務の中で、看護師が一番得意、もしくは一番苦手としているのが注射業務です。学生時代に遡ると、注射業務は看護の勉強をしている間は、人形などを用いて練習をします。ただし、実習先でも患者さんが許可を出せば注射の実技練習をすることはできるのです。患者さんからすれば、慣れない実習生や新人看護師より注射慣れした看護師に打って欲しいと願うのは当然でしょう。しかし、注射は打つほうも怖いもの。失敗しないか、患者さんに痛いと思われないか心配でたまりません。ですから看護師もなかなか注射に慣れない人が多いのです。一方、この看護師さんは注射がうまいと患者の口コミで伝わるとその看護師は注射をする機会が増えます。注射が得意かどうかは技術の問題よりも経験が大きいといえるでしょう。どうしても注射慣れしていない看護師は、頭で分かっているつもりでも、生身の人間に注射をすることは慣れていないので、痛いだろうななどという余念が入ってしまうのです。