red orange yellow green blue pink

自分の感覚と患者さんの感じ方

看護師になるために必死で勉強して国家資格を取得した人たち。
看護師になれたことを誇りを持って仕事に励んでいる人も多いでしょう。病院などに勤務している看護師などは患者さんの対応のほか、医師の指導の下で採血や投薬のための注射などを行うこともあります。看護の勉強をしてきた中にはこういった注射に対する知識や技術を学ぶ時間があります。実技練習では練習用の模型や、実際に学生同士で注射の練習代になる練習も行っているようです。また、実習で積極的に患者さんに注射を行ってきた看護師は、職場に入っても注射が得意な人が多いです。
しかし、看護師も人間ですから得意な分野があれば不得意な分野もあります。
注射が苦手で、打とうとすると手が震えてしまうという看護師もいます。医療行為を行わなくてもよい施設の看護師になるのであれば、注射が苦手でも問題はないのですが、病院など医療機関に勤めるのであれば注射は苦手より得意であったほうが良いです。

しかし、いくら注射が得意な看護師が注射しても、患者さんによっては注射が痛い、下手だと感じることも多いのです。看護師は得意だと感じているのに、患者さんからはどうしてそうに思われてしまうのでしょう。実はここに、注射が得意な看護師に共通している欠点があるのです。注射が得意だという自信があるあまり、患者さんに対する配慮を怠ってしまうのです。
患者さんは注射が嫌い、怖いと感じている人が多いですから、突然配慮もなく注射されると憤りを感じ、へたくそだという印象を持たれてしまいます。逆に注射が苦手だという看護師は、自信がないこともあって患者さんへの配慮を怠りません。この配慮が逆に患者さんにとっては上手だと思われることになるようです。看護師自身が感じている注射が得意という感覚と、患者さんが言う注射が上手という感覚にはずれがあるのです。注射を行う際は、患者さんへの配慮を忘れないようにしましょう。