red orange yellow green blue pink

練習したら改善される

障害者施設や高齢者施設、保育園など、医療機関ではない場所で勤務する看護師にはほとんど注射業務はありません。
ですからいくら練習しても注射が得意にならない、そもそも注射が嫌いといった看護師はこういったところで勤務したほうが良いでしょう。
問題なのは病院やクリニック、診療所、検診センターなどで働く看護師たちです。これらの職場は毎日いろんな人が訪れて、採血や投薬のための注射、点滴などを行います。注射は医師の仕事と言われていますが、数少ない医師が患者さん一人一人に注射を行うのは非常に大変です。
そこで医師の指導の下で看護師が注射を行ってもよいということになっています。

しかし、看護師の資格を取ったからといってすべての人が注射が得意というわけではありません。注射が得意になるためには、ある程度練習したり、知識を学ぶ必要があります。注射のための基本マニュアルを学科でしっかりと学ぶことが大切ですが、問題はそれだけでは注射は得意にはならないということです。学科で学んだことを実践で生かせるかどうか、注射の実技練習があるのです。まず最初は注射練習用のシリコンの腕を使っての練習です。この模型にはきちんと血液に似た液体も仕込んであり、注射が成功すれば注射器の中に血液が入り込んでくる仕掛けになっています。練習した後はもちろん生身の人間で練習が必要です。訓練用の模型はみな同じように血管が走っていて、しかも看護師に血管が見えやすいようになっていますが、人はみな同じ血管を持っているわけではありません。細い人や太いのだけれどなかなか血液が流れ出てこない体質人もいます。このような千差万別な人間に注射を打つのが得意になるためには生身の人間で数多く練習をこなしていく必要があります。苦手な人ほど注射の機会があったら積極的に行ってみましょう。